FC2ブログ

黒はんぺん その②

20210430185341081.jpg

この「黒はんぺん」は、子供の頃から、親とよく
買いに行っていた
静岡市の老舗蒲鉾店のものです。

昨日のブログに書いていた
「蒲菊」さんに行ってきました。

20210430185411490.jpg

静岡駅前の呉服町名店街に、
今もあり、前を通ってはいましたが、

買いに入ったのは、東京に住んでいた頃
静岡土産に買いに行って以来、
うん十年ぶりです。



2021043018543289a.jpg


昔の様子です。明治から大正。

202104301855064c4.jpg

⬆️右端の蛇の目傘の紙細工は、

20210430185543c26.jpg

包装紙の
20210430185607b84.jpg

⬆️型紙デザインの菊の模様を生かしたのでしょう。

2021043018565015a.jpg

蒲菊さんの「黒はんぺん」は、
雑味がなく、全く生臭くなく、食べやすい!

選んだお皿の地色と、偶然、同じ灰色でした!

202104301857210cf.jpg

黒はんぺんに、醤油やワサビではなく、

わさび漬け(酒粕)を付けて食べていた習慣を
思い出した❗のです。

202104301857430f4.jpg

塗りたくって、食べました❗

そういえば、
幼少時からワサビ慣れしてたので、

赤いカイエンペッパーやチリパウダーより、
わさび漬けは、辛くても、イケます。

20210430185845ff4.jpg

先日。静岡駅で駅弁の東海軒で買った黒はんぺん
サンドは、
「黒はんぺんフライ」⬆️のサンドイッチでした。

サンドイッチには、ソースではなく
調味料としては、わさび漬けが使われていました。

その時に、甦った味覚は、
そうだ!
いつも3食の食事ときには、わさび漬けと煎茶が
有ったんだった!

「えー⁉️」と他県のかたは驚かれるでしょうけど。

きっと祖父、おじいちゃんの好みだったのでしょう。
いえ、もしかしたら、

朝食に、
米飯、焼き魚、玉子焼きそして味噌汁には、
わさび漬けがおともだったのかも。

その習慣をやめてしまったきっかけは、
パン食にバターを塗るようになり、
ご飯にもバターが美味しいことも気がつき、

いつの間にか出番が少なくなり冷蔵庫の
かたすみに追いやられ、おじいちゃんも亡くなっており
わさび漬けは高級品として、
常備食ではなく、お土産物、贈答品になって
いったからでした。

けれど、とても抗酸化作用もあり、
今の時代に、良いものだと思うので、

今日から再び、
朝昼夕の3食に常備してみようと思います。






黒はんぺん①

20210429211439b43.jpg

お皿の上の方の2枚の黒はんぺんが、
軽く焼いたもの。
下の1枚が、さっと湯通ししたもの。

ワサビ醤油でいただきますが、
これは昆布入り。

いつも食べた食感が、
なんか違う・・・と思うのは、

これはスーパーで買ったもの
だったから。

子供のころから19歳までは、
静岡駅前名店街の「蒲菊(かまぎく)」さん
で、黒はんぺんを買っていたのです。

明日は、蒲菊さんに行って
当時よく買っていた「黒はんぺん」を
また買おうと思っています。

そして、付けていたのも、
ワサビではなく、
「わさび漬け」だったことも思い出しました。

それにしても、先日食べた、静岡駅構内の
駅弁「東海軒」の黒はんぺんサンドは
(黒はんぺんフライのサンドイッチ)
美味しかったです。





「無事」を祈願

2021042722291268d.jpg

近隣のスーパーの毎週(火)の
切花1束100円のコーナーでは、

菊が圧倒的に多いのが通常ですが、
季節を彩る花もあり、

今日は、ガーベラと薔薇のセットでした。
2束を妹のお供え用に買いました。

2021042715164035f.jpg

レジ出て、スーパーで用意している、
包み紙用の新聞紙を開いて、
お花4本を置いたら、

偶然ですが、妹の漫研の先輩が
描いた、連載4コマ漫画の紙面でした。


20210427151702dca.jpg

テーマが、ダイヤル式黒電話でした。

202104271517210df.jpg

日常のエピソードに笑いのオチが、
ほんわか漂うのでした。

2021042715174109d.jpg

真っ直ぐに帰宅するつもりが、逆方向の
バスに乗って、

浅間神社に行き、「叶え馬」さんの、
願いが叶う御守りを手にして、

恥ずかしながらも、声を出して、
住所、名前のあとに、

今までの感謝と、
今後の「無事」を祈願してきました。

時節柄、
みんな無事ですように・・・と。




映画「ノマドランド」がアカデミー賞

20210426171239c45.jpg



2021042617131054f.jpg

(珍しく今日2度目の投稿です)

映画 ノマドランド ⇒こちら

3月30日に見に行った映画「ノマドランド」の感想は、
3月31日のブログに掲載したのですが、

アカデミー賞作品賞、主演女優賞、監督賞の
3部門受賞したので、改めて再び、
フライヤー画像を掲載しました。
(男女別の優秀演技賞は今回で最後かな??)

記憶に残るシーンは幾つかあるのですが、

父親の想い出の品でもあるアンティークの
お花模様のミート皿が割られてしまってから、

接着剤で継ぎ、出来映えにホッとする主人公、

大切にしたい物事=生きざまを、
物語ってるように見えました。
暖かな心情が感じられて、ちょびっと共感。


この映画は、札幌では何館かの劇場で上映していますが、
静岡市では、シネコン2館では上映していません。

静岡市では静岡シネ・ギャラリー1館でだけ。
でも静岡シネ・ギャラリーのミニシアターの
スペースではなく、
1階のサールナート・ホールが上映会場ですので、
広いため、多くの入場が可能です。

昨日はサールナート・ホールから、
寄付支援の御礼お手紙が届きました。
この機会に、静岡県中部の多くの方々が、
静岡シネ・ギャラリーに更なる支援をしてくださる
と、嬉しいです。


静岡シネ・ギャラリー ⇒こちら




素敵な手作りレターセット

2021042610551633d.jpg

優良花を全国展開している有名お花会社の
四季のPRリーフレットの、

お花写真を生かして、
テキスト部分にピンクの紙を貼って、

お便りを書いてくださった、
札幌のKさんの
素敵な手作りのレターセット、



20210426110048d9c.jpg

北海道新聞社の「さっぽろ10区(トーク)」と
「五感紀行」を同封してくださいました。

センス良い企業広報誌が好き、
写真が好き、
植物が大好き、
記録や情報の硬い文が
好きなので、

いつも持つトートバッグに入れて、
ちょっと時間が空く都度、

取り出して眺めて読んでいます。

PR誌のテキスト部分は隠れていても、
この会社のHPで、読めるので、

この再利用に感謝です。

SDGs の、身近な貢献🌝になりますね🌳!


20210426122012460.jpg

朝、開きかけていた薔薇ですが、

2021042612211897d.jpg

お昼に帰宅して、見たら、
開き過ぎの薔薇になっていてビックリ。

晴れて、海風の強い日が、
続いています。


プロフィール

Author:リラの坂道
FC2ブログへようこそ!

ショップHP
最新記事
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード