FC2ブログ

再び、シラー・ペルビアナ

202003271231453de.jpg

先日のブログで紹介した紫の花、
シラー・ペルビアナです。

9cmぐらいに成長していました!

2020032712320386d.jpg



20200327123222349.jpg




20200327123242a3e.jpg



気温が上がって、雨が降って、

大振りの美しい花になっていました!

ヒゲヒゲの蕾もたくさん増えています。


雨降りの買い物の帰路、
丸子川の土手で、

紫の大きな宝石みたいになった、
シラー・ペルビアナを見つけて、


雨の中を歩いて来たご褒美かな?

と、小さな幸せ。



叶え馬さん

20200326071345b7b.jpg

左甚五郎 作と伝えられる、
静岡浅間神社の神馬「叶え馬」です。
時々、画像を掲載しています。

20200326062412c06.jpg


その昔、
火事にあって逃げ出した、神馬2頭のうち、

1頭は三保の松原の方に逃げたまま
留まりましたが、
もう1頭は、
静岡浅間神社まで帰って来たのだそうです。

それを讃えて、願いが叶う、叶え馬さんに
なっている、とのことです。

この叶え馬さんに、またお参りにきました。


2020年3月26日(木)14時30分
浦和競馬場8R JRA交流
ツインアタック特別に、
馬番 1、
スノージュエリーちゃんが出走します。


拳闘しますように!
無事ですように!

無観客でレースを行うので、
場内には入れないのですが、

良く見える公園が
競馬場に隣接しているため、

走り過ぎるのは、一瞬ではありますが、

静岡から浦和に行こうと思い、
移動時間などもプランした末、

大丈夫そうではありましたが、
今回は冷静に、見送りました。



浦和競馬場そばの公園から応援する
スノージュエリーファンの
安全も祈願しました。


静岡に引っ越して来てから、
両親の戸籍謄本を見て、
父方の祖父(私のおじいちゃん)の出生地が、
馬場町と記載されていることを
昨年はじめて知りました。

それは、
静岡浅間神社で流鏑馬が行われていた
頃の馬場で、
お馬さんのお家が有った
場所でした!

知らなかった!
偶然さに、ちょっと驚きました!





20200326062446f71.jpg


静岡駅となりの音楽ホール1階から、
きのう、中央郵便局に入った時にみた、
ピアノを自動演奏している、くまさんです。


202003261035404d7.jpg

日本経済新聞2020年3月26日今日の1面
コラム「春秋」の一部です。↑

1827年のきょうは、偉大な
ベートーベンの命日なのですね。

生誕(1770年)250周年の命日です。


202003261100368c0.jpg



SPレコードなら何枚かあるので、

久しぶりに蓄音機を回して、
ベートーベンを聴いてみようと思います。



大空に満開の、桃の花

202003241228352e9.jpg


三連休に23度以上が続き
遅いように思えていた桃畑の、

桃の花が満開になっていました。

20200324122856cfc.jpg




20200324122913022.jpg


ここはウェルシアや、しまむらの間に
残された、


20200324122930d83.jpg

木に接近できる、桃畑です。


20200324122948d22.jpg


広い桃畑は、丸子川と海の間に、

東は安倍川河口の方から、
西は用宗漁港の近くまで、

延々と続いています。

20200324123659bbb.jpg

丸子川の海側の土手を降りると、
海沿いに、
「桃の花の散歩道」という
看板を見たことがあります。

海岸に近いので水はけが良く、
日当たり良く温暖な気候のため、
少し小振りのように思えますが、
いち早く実る「長田(おさだ)の桃」の
産地です。



空が大きく見えると、
北海道を連想してしまいます。

深呼吸して、
ほっとしながら歩いています。





2年ぶりに大笑い

20200322191654d21.jpg


2年前に映画館で観た、
実写版「ピーター・ラビット」を家で
また、見ています。

マクレガー甥がブタさんに驚いて絶叫する
↑このシーンに2年前は大笑いしたのですが、

この頃は大笑いする機会が無かったので、
また久しぶりに、大笑いしたくて、

観たかったのです。

BDの再生は、超かんたんなのに、
最初、手間取るのよ、何度も。


20200322203630c40.jpg

やっと再生。
悲しいシーンもあります。


20200323175730877.jpg

>>>>>>>>>∗∗∗∗∗∗∗<<<<<<<<∗∗∗∗∗∗∗>>>>>>


うちにいた、ピーターも、
20200323180735266.jpg
若い頃は、いたずらっ子でした。
9歳まで長生きしました。
今でも私にとって、
守護神ならぬ守護うさぎ。


シラー・ペルビアナ 紫の冠型の花

2020032115275787b.jpg


草むらに、見慣れないパープルの花、

かがんで、そっと草を払って見ると、

星形の小花が集まって、冠のよう。


矢車菊のような軽やかさが無く、

ヒヤシンスやムスカリのように
厚みある花びら。

親指と人差し指で
OKの丸した位のサイズ。

つぼみが、とても面白い形。

草丈は、低い。


Googleレンズというアプリで
撮影すると、すぐに花の候補名が出る、
らしい。

けれど、
インストールしたのみで、
アクセス許可してないので、


今まで通り、
フツーに撮影してから、
「紫の花」で画像をググると、
わりとすぐに判明。

シラー・ペルビアナ。

カタカナ名は好きだけど、
長いから、きっと忘れる。


気温23度ぐらいの帰路に、
ぺったん橋の近くの土手で。






プロフィール

Author:リラの坂道
FC2ブログへようこそ!

ショップHP
最新記事
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード