FC2ブログ

春一番の吹いた翌朝

20200217191918e72.jpg

昨夜20時56分気温13.3℃、
猛烈な強風が断続的に有り、
春一番が吹きました。

昼間は19.9℃まで上がり
その前日は23℃でした。

春一番って、昼間に吹いてくれたら、
季節を感じられるのに、

夜に断続的に、
台風みたいに吹かれて、

防災ニュース見たりして、
なんだこの風は⁉️と、焦りました。

画像は、翌朝。

丸子川ぺったん橋から
下を覗いたら、

しらさぎが、ひとり
まったり。





#タコ#真空管#アーク灯#水銀整流器#七ぶらシネマ通り

20200216182237415.jpg

静岡市葵区七間町の、「七ぶらシネマ通り」に有る




20200216180113481.jpg

昭和30年代後半
(1960年前後)まで使われていた、
真空管です。



20200216183524e1e.jpg

通称タコ。
タコそっくりの真空管です。

真空管の、このタコの足みたいなのは、
1本がコーラのビンぐらいのサイズ。

ホントに大きく、面白い形。
しばらく見とれていました。

反対側の歩道にも、
昔の映画館の道具が有り、

映写機などを、
1年前のブログに掲載しました。

昨年の「七ぶらシネマ通り」⇒こちら





近所のしだれ梅

202002151609067b8.jpg

静岡市ご近所のおたくの、
しだれ梅が、軽やかに風にそよいで愛らしい。

満開まえは、
はかなげな感じで、好みです。

小さな花が沢山連なって下がり、
色もクリーム色に淡くピンクがかって。

つまみ細工の花かんざしの「さがり」が、
結い上げた髪から、揺れているかのようです。


これは↓先日「駿河匠宿」で見た、
2020021516170316b.jpg
白い藤の吊るし飾りですが、

しだれ梅の、吊るし飾りも、
有りかな?と、思っています。



20200215200533368.jpg

早く咲く 河津桜が、
バス停の始発・終点の、静岡徳洲会病院エントランスで
満開です。

濃いピンクが元気色で、
通院や、お見舞いのかたを励ましますね。


3月以降に咲く、
ソメイヨシノのような、
これから咲く柔らかな淡い色の桜が好きです。


「いつまで咲いてるかなぁ」「もうすぐ散っちゃうかなぁ」と
惜しみながら桜トンネルくぐったり。

薄ピンクに染まった地面から、
花びらが、強風にあおられて、立つのですよ!

つま先立ちになったかと思うと、
フィギュアスケーターのように

くるくる回ってジャンプして、
立ち去るシーン、

小さな無数の花びらが、ですよ!

ホントうっとりします。
これからの楽しみ。



北海道は、
まだまだ厳冬期ですが、
2月中旬ともなれば、

札幌市中央区の円山では
気の早いお客様は、開口一番

「もう、春ですね!」と笑顔で
ご来店になり、驚かされたものです。

雑誌も、
3月号は春っぽくなりますからね。


お花は咲いても、今はまだ冬。
油断しないで、乗りきりましょう。




#竹中工務店の季刊誌『approach』特集「中原淳一 夢と希望のファッション」に感動 #approach#中原淳一

20200214180658308.jpg

竹中工務店の季刊誌『approach』Winter2019(第228号)です。

とても読みたい
特集「中原淳一 夢と希望のファッション」 があり、

竹中工務店の静岡営業所を訪ねました。

202002141813513b5.jpg
最初に行ったここは、
昭和町のクラシックな建物ですが、使用されていないとのことで、

20200214181827b44.jpg

このビルの6階の、移転先に伺いました。

2013年春号からは、WEB版があるのを知らなかった ので、

読ませていただこうとしたら、1冊くださって嬉しかったです。

『approach』は、立派な紙質で、A4変形でした。

写真の色彩にも、はっとさせられ、

ページを繰るたびに、ドキドキでした。

2020021504593564a.jpg


★ WEB版は⇒こちら ★

↑WEB版で、きれいに見れます。

この詩は、12月6日のブログの詩碑⇒こちら 

館山市塩見海岸で、詩碑にになっています。

少し、驚きました。
というのも、偶然ですが、
この中原淳一特集の季刊紙『approach』は12月1日発行なので、
私が、思いきって詩碑を訪ねたのと、同じ頃です。

中原淳一さん (1932.2.16~1983.4.19) は、
戦後1946年に創刊した『それいゆ』
20200214190548a5d.jpg


を通じて、女性のくらしを新しく美しくすることを
理想に掲げて、女性たちを勇気付けたデザイナーとなり、

今となっては、かなりの高齢者でなければ、
または、さし絵画家などに、関心ある人でないと、

なかなか、名前も業績も
知られていないかもしれないですね。

『approach』では、毎回、
特集に、誌面の大半を割いているようです。

この第228号でも、中原淳一特集は、
p4~p19にわたります。

鮮やかな写真と、インタビュー記事が
掲載されて、素晴らしい内容となっています。

お時間があるときに、気が向いたら、ぜひ

★ WEB版は⇒こちら ★

↑WEB版をスライドさせて、パラパラと、
ページを繰っていただければ、嬉しく思います。

中原淳一さんは、今でも、ちっとも古くなく、斬新です。

竹中工務店 PR誌『approach』Winter2019 は、
とても素敵な季刊誌 です。





・・・・・・・・・・・~~~~~~~~~∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗


帰路に寄った

20200214193309d66.jpg
有名産地のお肉が揃う、とても感じの良い大石精肉店。

2020021423113853e.jpg
包装紙 「とくせん和牛 やき豚」

202002141934296c9.jpg
2・14限定のコロッケ。
注文聞いてすぐに揚げて、アツアツを販売してくれました。

20200214193650fa6.jpg
保温バッグに入れて帰りました。
久しぶりのコロッケは、美味しすぎて2個すぐに食べ、

父が本物のコロッケを好きだったことを思いだし、
3個買ったので、1個お供えできて良かったです。


前日に、気温が23度となり湿度も多かったせいか、
体調的になんとなく外出を、ためらっていましたが、

片付けも進んでいないし、

朝のTV星座占いが、「14日は、ふたご座サイコー、
行く先々で、良いことに出合う」というので、

影響されやすい私は、
まぁ、予定通りの外出しようと、出たわけです。

他にも、行く先でラッキーと思える、
小さい幸せに、出会えて、感謝の日なのでした。







切子おりがみ花瓶 #オリエステルおりがみ

2020021316444042a.jpg

水に強い、オリエステルおりがみで花瓶を、
初めて作りました。


20200213164313a86.jpg

おりがみ技術が、未熟なのですが、

20200213164359560.jpg

切子ガラスのように見えるのが、嬉しいです。


20200213165320237.jpg


送ってくださった pさんも、私も、
このような
切子の折紙とは、知らなくて、
びっくり❗きれいですよね。


20200213165350494.jpg


実は私、化繊布の和柄ポリエステル折紙かしらと、早とちり
していました。

「オリエステルおりがみ」15cm×15cmです。

オリガミ+ポリエステル製 の造語ですね。

水が入れられる 折紙は、すごい!

東洋紡グループの製品です。

MADE IN JAPAN !


プロフィール

Author:リラの坂道
FC2ブログへようこそ!

ショップHP
最新記事
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる