FC2ブログ

手作り楽器の思い出・・・流木や木の皮

1_20110829225121.jpg

泳ぐ木のオブジェみたいなのが、
ウェンズディの天井に、吊るしてあるので、
「あれは何ですか」と、
時々、聞かれます。

 それは、ギター風の弦楽器です。
共鳴板が無いので、床に置いて、つま弾くと、
床下がその役目をしてくれて、
良く鳴ります!



2_20110829225226.jpg
 1987年に、ワタシが作った、手作り楽器です。

森の奥深から拾ってきた、木の皮に、

ギターの弦を買って、テキトーに張っています。

 恥知らず、怖いもの知らずとは、このことでしょうか・・・。
1987年当時、西区民センターで、
「手作り楽器の演奏会」なるものまで、
やってしまいました・・・。

何種類か音のでる物を工作して、「楽器」にしました。
 
反原発ピアニストのTさんと一緒に「演奏」しました。
 知床の赤沢茂さんから、シマフクロウの大パネル数枚も
お借りして展示したスペースでの「演奏」。
 「演奏」とは名ばかりなので、
ピアニストのTさんは、キリキリしてしまいました・・・。

 「手作り楽器の演奏会」の宣伝ポスターも、
当時、西区民センターにあった「ポスター作製講座」を
受講して作るという、凝りようでした。
その時の講師だった印刷会社社長様にも、案内状を差し上げたら、
出席してくださいました・・・。

 そして、「これは耳を澄まして聴く楽器ですね。」と、
粋なコメントをくださいました・・・。
(共鳴板が付いていないから、音が小さかったの)

 それから、何年か経って、友人のNちゃんが、関西から
ウェンズディを訪ねて来てくれた時のことです。

 Nちゃんは、この「ギター風楽器」をチョット貸してと言って、

左手で弦の長さを調節しながら、右手で、

な、なんと「イエスタディ」を、

ナメラカ~に、演奏してくれたのです!

 木の皮ギターを、床に置いて、
「こうすると、床下が共鳴板になるヨ」と、教えてくれました。


3_20110829225225.jpg

 ウェンズディで、お客様に、
この木の皮のオブジェのことを尋ねられた時、
Nちゃんが弾いたことを、お話ししたことは、何度もありますが・・・、
1年に数回は説明するとして、50~100人に話した勘定になりますが・・・、

 弾いてみてくれたのは、Nちゃんだけです・・・。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:リラの坂道
FC2ブログへようこそ!

ショップHP
最新記事
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる