FC2ブログ

雛道具(昔のおひなさまのミニチュア家具)

雛道具 001
 現代のおひなさまのお道具は、プラスチックでできていますが、
昭和20~30年代までは、木製で漆塗りでした。

 衣装たんす、鏡台、針箱などは手の平サイズです。
お茶道具、火鉢、牛車、お籠・・・わりと精巧な作りです。
 
 ウェンズディでは、ひとつずつバラ売りしています。
(アンティークの木製 各¥1000です)
いちばん人気は、お針箱です。
引き出しの小さな金具をつまんで開けるとき、
チョットわくわくします。
木で出来ていると嬉しい。
(プラ製は、なぜだかかがっかりするんですよね。)

 ひな祭りの、3月3日は、ことしは、
札幌ドームでプロ野球のオープン戦の日でもあります。
(ファイターズvsタイガース 故小林繁コーチ追悼セレモニーします)
オフはあっという間でした。
冷凍庫並みの日々も、あと2~3週間。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひな人形

立派なひな人形のお道具ですね。

うちのは、姉が生まれたとき、7段飾りをお祝いにいただいたもので

す。女性は、ひな祭りが来ると、うれしいですよね。

小林コーチ、とても残念で寂しいです。

江尻投手は、サイドスローの師がいなくなりましたね。

Re: ひな人形

ろばぴょんさん、ありがとう。
 生まれ故郷の静岡市は、お雛道具の産地なんです。漆器産業が盛んでした。育った家の近所にも、小規模工場がありました。ミニチュアじゃない本当の鏡台、針箱など、江戸指物師の木工業が盛んだったの。昭和30年代1960年頃のことです。
プロフィール

Author:リラの坂道
FC2ブログへようこそ!

ショップHP
最新記事
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる