FC2ブログ

さよなら桂ちゃん

20210129185927895.jpg

(4歳違いの妹、桂子の遺影。
乳癌手術しないで真向いの自宅で療養していました)
さよなら、ケイちゃん。
がんばったね。
さいごには、安らかに逝った
から、ホッとしたよ。
23時に電話で向かいに駆けつけて、
たんきりさせたり、
背中さすったり、
呼吸に合わせて胸押さえたり。
「ありがとう。もういいよ、
手を握っていて。」と言われて、
ベッドの柵にもたれて手を繋いで
いたけれど、冷たい手だったね。
2時間たって、01時。
眠くなっちゃって、
02時に戻れなくて、
03時にまた駆けつけたら、
ケイちゃんは同じ態勢で
静かだったけど、
もう息が無かった。
01時のスースーという息
のまま
きっと02時頃に、静かに消えるように
さよならしたんだね。
ケイちゃんが安らかに
天国に逝くことが出来て
良かった。
最悪のことをずっと危惧してたから。
そして、ケイちゃんの最期に
手を繋いでいて良かった。
旅行や留守にしていなくて良かった。
ケイちゃんの手は最初に冷たくて
驚いたけど、柔らかく力無く、
手を繋いでいたら、この世に
繋がっていられるという気持ち
だったんだね。
手を離したら、スーっと逝っちゃった
んだね。
でもケイちゃん、もう治らないし、
もっと悪くなる予兆もオデコに
たんこぶみたいに出て来たし。
お医者様に「いつ心臓が止まっても
おかしくない状態」って
聞いたから・・・。
もっともっとタイヘンになる前で
良かったと思う。
ところで、ケイちゃんの要望あって、
お花は多めにって業者さんに伝えたけど、
このお花の色、ぜったい選びそうもない
タイプだよね?オヨヨ?え、え~?
ビックリしたよ!
ケイちゃんもそう思うでしょ?
でもまぁ元気パワーの色だよね。
笑える!から、ま、いいかな。
華やかだと思って花屋さんに感謝しよう!
赤いカーネーションは抜いて棺に入れて、
その後に、ピンクのユリが次々に開けば、
パステルカラーのほんわかイメージに
きっと落ち着くと思うから安心してね。
棺に入れる物、ケイちゃんのリスト通り
全部揃えたよ。
写真をアルバム3冊から剥がす
のは意外と時間かかったけど、
ケイちゃんが、どんな思い出を
連れて逝きたいのか解ったよ。
あしたは寒く晴天だから、
富士山🗻が良く見えるね!
今まで泣かなかったけど、
涙が流れて止まらない。
鼻水も何年かぶりにグチュグチュ。
悲しくないはずなのに、
おかしいね!?




スポンサーサイト



プロフィール

Author:リラの坂道
FC2ブログへようこそ!

ショップHP
最新記事
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード