「ル・アーヴルの靴磨き」(2011)の 素敵な油絵など…



簡素で清潔な部屋の…



右の開かれた窓の外は、行き止まり…



でも、右の壁に掛かる額の絵の、

開かれた窓の向こうは、どこまでも遠くまで行ける景色…




港の居酒屋…




白髪ロッカー、リトル・ボブの歌も素敵でした。


「 ル・アーヴルの靴磨き(2011)」は、
フィンランドのアキ・カウリスマキ監督の、フランス語映画です。




ソファの前の小さなサロンテーブルは、



スペーシーな、三角形で、



ベッドサイドのランプ、本棚の読書ランプ、



トースター、



ストーブと、赤い織物マット



また、
キッチンの白いオーブンの上のホーロー鍋の赤、が意外な感じでしたが、

青いソファの敷きクッションが赤、でした…

…そういえば、

居酒屋さんの外観も、
ブルーに赤が差し色でした

額絵の屋根も赤、

終わりの海のシーンも、青い海に赤い灯台でした…。

そうそう、リトル・ボブの熱唱シーンで、

革ジャンが、鮮やかな赤、でした。

この映画は、フィンランド、フランス、ドイツの合作。
好感の持てる映画でした。
色使いが意味深でもありそうです…。


同監督の映画「 過去のない男(2002)」の

サウンドトラックは、
クレイジーケンバンドの「ハワイの夜」と「Motto Wasabi」が
使われているそうで、
小野瀬雅生さんが、
CDをずっと、カウリスマキさんに、送っていたことにもよるとか…。

いつか、見てみようかな…。



スポンサーサイト
プロフィール

Author:リラの坂道
FC2ブログへようこそ!

ショップHP
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる