40年前に出会ったスリップ ウェア Slip Ware のデミタスカップ&ソーサー







Slip Ware スリップウェアという陶器、
釉薬ではなく、化粧土という粘土質の泥
( 英語でSlip)を重ねて、低い温度で焼くことにより、
柔らかな味わいが出るのだそうです。

イギリスで古くから有って廃れていたのを、
バーナード・リーチさんが取りあげてから、
日本の柳宗悦さんや濱田庄司さんが広めたものでも有り、
隠れた熱いファンがいるようです。

これは、1975年頃に購入して、
よくコーヒーを淹れていた、
デミタスカップ&ソーサー2客です。

赤い土が、イギリス製のスリップウェアの
特長なのだそうです。

これは赤い土で出来ています。

…どこ製か…忘れました…。
メキシコか中米製かと…思っていました…。
イギリス製だったんだぁ…意外…。

ついさっき、
イギリスのアンティークのスリップウェアや、
陶芸家 濱田庄司 作、バーナード・リーチ指導の島根の湯町窯、






このような6枚画像のスリップウェア食器が
テレビ番組に写りました。

そして、
兵庫、篠山の作陶家 柴田雅章さんのスリップウェアが、
出来上がる過程をテレビ番組で紹介されるときに、




BGMは、アルバート・アイラーのサックスでした !

独特のその音色、響き、

それは、スリップウェアの特長を言い表す

…作為を越える、美、現れる…

という表現にもマッチして、

アイラー好きとしては、
ちょっと感動したのでした。



スポンサーサイト
プロフィール

Author:リラの坂道
FC2ブログへようこそ!

ショップHP
最新記事
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる