FC2ブログ

あまりに脆い造りの土瓶が気になる…



脆そうな陶器の土瓶です。

材質が、
汽車のなかで駅弁を食べた時のお茶土瓶と同じ。

新幹線ができる前…、
静岡駅では、
茶色や緑色の角形の土瓶に
お茶が入ったのが売られていました。

汽車土瓶、などという名前は、
あとからついたんじゃないかしら。

買うとき、普通に「 お茶 」と言ってました。
駅弁の上にお茶をのせて…。
お茶の産地だったから。

新幹線ができてからは、同じ形で、
ポリ容器でした。

それがいつのまにか円筒型になって
高級になって…、
消えていきました。

この土瓶は、1960年頃まで駅弁の土瓶を焼いていた
同じ窯元のかもしれない…。

ところで…、新幹線駅構内待合室は、
スタバになった…。
だから…、きれいに居心地良くはなった…。
安心感はあるの。
けれど…、画一化されて…。

駅弁のキヨスクも、
同じスペースにあるのだけれど、
スタバに並んでサンドイッチを
買ってる旅行者が圧倒的に多い。

いつも急いでいるから、
気に止めることもないけれど。

駅弁のお茶を、列車の窓の縁に置いて、
駅弁を食べながら、静岡から東京に向かった日々、
車窓を流れる退屈な風景、

お茶は沁みる熱さで、美味しかった。





スポンサーサイト



プロフィール

Author:リラの坂道
FC2ブログへようこそ!

ショップHP
最新記事
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる