宮武外骨の滑稽新聞社発行・・100年前の絵葉書

 小画像001

小画像005
 この2枚のポストカードは、明治期の絵葉書です。
100年以上たちます。
発行は、滑稽新聞社で、発行人は宮武外骨です。

 先日、朝日新聞社の夕刊で、「毒に愛嬌あり」という
連載10回の特集が組まれました。

 その第1回から3回で、
明治期に政治・世相をユーモアをもって批判した、
宮武骸骨(みやたけがいこつ)と滑稽新聞社のことが、書かれていました。
 
 この2枚の滑稽新聞社発行絵葉書は、ウェンズディで数年前から
保管しているのです。 
 なんとなく、ブラックユーモアっぽくて、
「なぁに・・・?これ?」・・・でした。

 ところが、朝日の記事で、発行人の宮武外骨が、
すばらしい心意気の持ち主であることを知って・・・・
 
 思い出したのです・・・過去に、雑誌で特集されたり、
回顧本が出版されたりしたことを・・・・。

 滑稽新聞社は、
明治35年(1902年)から明治41年(1908年)。

 この絵葉書が滑稽新聞社から発行された「絵葉書世界」は、
明治40年(1907年)。

宮武外骨011 (13)
 図書館で関連の本を、1冊借りてきました。 
「過激にして愛嬌あり」(「滑稽新聞」と宮武外骨)吉野孝雄著 筑摩書房ちくまぶっくす

「サライ」でも特集していたことを知り、

 ウェンズディの隅っこに埋まってる、ずっと前の雑誌「サライ」のバックナンバーを
調べたら、特集号がありました。
 1992年3月19日号でした。

 もう18年も前かぁ・・・(@_@。

 積んである、この頃の数年間の「サライ」バックナンバーは、
こういう発見があると、処分しきれなくなりました・・・。
 どうしよう・・・・?
単行本も、購入してから読んだ喫茶店まで思い出されて、処分できない・・です((+_+))
雑誌ぐらいは、減らせる!と、思ったのに・・・(~_~;)
スポンサーサイト
プロフィール

Author:リラの坂道
FC2ブログへようこそ!

ショップHP
最新記事
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる