FC2ブログ

真似て作った封筒です

20201212093514190.jpg

2年前の竹久夢二展のチラシで、
試してみた、封筒です。

友だちの作った封筒を、
お手本にしたので、ラクでした!


2020121218255531a.jpg

裏側に、ポストカードを置いて、
折る線を定めます。

20201212093408e48.jpg

下を折って、ポストカードを入れて
みます。両隅も折り込みます。

2020121209342968a.jpg

両側の脇を折ります。

20201212093535a1a.jpg

上の蓋を折ります。
これで出来上がり。

↑封筒の裏面です。↑


20201212093605b97.jpg

こんなに感じです。

映画のチラシ、ギャラリーのチラシ
(フライヤー、というのですよね)

お気に入りのストックを捨てないで、
これからも、生かしてみたいです。

ハサミ、接着剤は使いませんでした。
定規を当てると、きれいに折れます。

マスクケースにも応用できるかもね!





スポンサーサイト



①庭のススキで、

20201001125554259.jpg

20201001132021ccf.jpg


まだまだ草取り手付かずの、お庭の隅っこに、

20201001125634ea7.jpg
ススキが繁り始めてきて、
少し切って捨てたけど、

何年か前から、作ろう作ろうと
思っては挫折している、

ススキの葉っぱでバッタ。

作り方動画を見ながら、

8分か、長いな・・・一瞬、居眠り。

でも今日は、中秋の名月で

ススキを見ながら生けたり
お団子をお供えしたり、


等々は、しないので、

今日こそは、ススキで
バッタ作り、

挑戦しようと思います。

やる気エンジンかかるまで、
数時間、待ってとも言えなくて、

でも、なかなかむずかしい。

いつ出来上がるかな・・・。

オリエステルおりがみ切子柄の
水を入れられる折紙花瓶の

時にも、四苦八苦して
今は楽勝なので、

きっと完成するでしょう!








赤い猫ちゃんのいるランタン

20200922132011916.jpg

1982年12月号『100IDEES』、
38年前のフランス雑誌の1ページです。


202009221320303b4.jpg

真っ赤な猫ちゃん、
バイオリンを弾いています。

20200922132050a18.jpg

ランタンの飾りの型紙なのですね。
ランタンの中に、
赤い猫ちゃんらしきものが見えます。


このクラフトは、
ちょっと手がかかりそうだけれど、

この猫ちゃん&バイオリンの
ランタン型デザインで、

立体クリスマスカードを作ったら、
喜ばれるかも。

ではまず、
このページの拡大コピーで、
型紙を起こそうっと🎵


失敗続きの折り紙ですが

20200917211843825.jpg


20200917210312213.jpg



水を入れられる、

オリエステルおりがみでの、
花瓶の折り方が難しい。

裏表なしの切子模様で、
折り線が見えにくいから。

教則本ではなく、動画を、
おりがみ 花瓶で、

何度も一時停止しながら、
四苦八苦。

再挑戦で、今日も、折りました!

花瓶5個。切子ガラス風の。



202009172103336fc.jpg

丸子川土手に、


2020091721035643e.jpg

彼岸花が、咲きだし

<
202009172105031ab.jpg

バス停には、
朝顔の葉っぱの向こうに、

ストロベリーキャンドルの
真ん丸な赤い花が、いっぱい。

また半年間の、バス乗り放題定期を
(静鉄ジャストライン路線バス)
更新して、昨日は3路線乗り継ぎ

気楽に外出しています。
近間だけどねー😙😊😉🐴🐾🐰

まだまだ蒸し暑い日中ですが、
用心の上、めげない!



今は県外に行かないので

茅ヶ崎美術館の催しです。⬇️
2020091517403880a.jpg

⬆️茅ヶ崎美術館の催し⬆️です。


1930年代から1950年代の輸出アロハ。


今は県外に行かないのですが、
またきっと、
いつかどこかで、
見れるでしょう。


今日は、⬇️また出して撮影しました。
アロハじゃないけど、

20200915175326dc5.jpg

和柄の絹の既製品で、

20200915175410cae.jpg

開襟シャツの、後見頃。

20200915175458d4a.jpg

アロハ似の、開襟シャツの前見頃。


もうひとつ、
80年ぐらい前の古布の、
20200915175822b66.jpg

アンティーク着物をたおして、

7分袖ブラウス。前見頃です。

20200915180155720.jpg

後見頃です。

服は新しもの好きの私が、
古布の銘仙で、初めて作ったものです。

まだまだ沢山の、貴重な古布が

生地として眠っているのです。

涼しくなれば、徐々に
インスタグラム等々でも

生地の絵柄を紹介できる、
かな?と思っています。





プロフィール

Author:リラの坂道
FC2ブログへようこそ!

ショップHP
最新記事
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード