槍ヶ岳のガラス絵コースター



大正から昭和初期の、ガラス絵のコースター。

槍ヶ岳でしょうか…。



元は、お盆とコースターのセットですが…。



コップよりも小さいショットグラスなら、

置いても下のガラス絵が見えます。

雪景色は、涼しさを呼ぶために夏用に描かれたのですね。
横のガラス絵も、白鳥2羽が遊ぶ湖水の絵です。

ガラスのコースターを使うことは無いのですが、

高坏のショットグラスは、
置いても倒してしまいそうなので、

これなら、手元が安全そうです。



でも、縁の隙間から、テーブルにこぼれますね…(^_^;)



スポンサーサイト

#火箸 あまりに骨董な芸術的な



陳列しなくてはいけない品々が、
まだ沢山、床に置かれた状態のなか、

ふと、目にとまった、

この重たい箱は?何?

…開けたら、



骨董の火箸が、ギッシリ

…入っていました。

美術火箸、というか…
凝ってる職人芸。

囲炉裏、火鉢とか重たいものは、
もう扱ってないし…。

冬のお茶事の、お作法に使える火箸も、
あるのかな?



ガラス蓋の、木枠ケースに、

そっと戻しました…。

近いうちに、一つ一つを取り出して、

素敵なシーンで、

撮影する時間を、

作れる時まで…。





お宝ガラクタ…



捨ててはいけないガタクタ、

その中の、旅行用洗面道具の、革製の小箱を
手に取ってから、( 右の )

金属製の変わった小箱が目がいき、( 左の )
( 何度も見てるのに、何なのか忘れっぽい )



ブラック & ゴールド色



小さな脚が付いてます。



開けたら、ティシュペーパーには何も包んでなく、
紙片は、私の手書きでした。

POLA BOX 1950~1960年代 ( 1960年代にアンダーライン )
¥650( 箱 )

その物の価値ではなく、もしも私が衝動買いするとしたら…、
という立場で、金額を書いたのだと思う。

…なぜ500じゃないのか…!?
300なら、増やしちゃいけなくても買っちゃうけど
それではこの子に失礼でしょ…

たぶんその頃( 紙に書いた頃 ) 650というのが好きだったのでは!?



内側は、ブラック 、ワインレッド & ゴールド色



底の部分はフラットではなく湾曲しています。

6cm×13cm×3、5cm( 脚の部分は含みません )
外径です。
内側は底は、逆さまカマボコ形状です。

こういうのって、小学生の頃、叔母の
化粧品ケースからもらって、宝物にしていたような…。

だから、ガラクタのように見えても、

時代の雰囲気とか…しのばれて、
金額に関係なく、
ある意味、おたから、ですよね…。




昭和11年(1936年)用宗海岸×与謝野晶子短歌


( 用宗海岸 堤防の歌碑 と私 )

ノルディックウォークのルート、用宗海岸にある、
今から80年以上前の、

1936年に、歌人の与謝野晶子が、
大崩海岸を訪ねた時の短歌歌碑、


( 石碑に刻まれた短歌と写ちゃった私 )

東海の波かさなりて
急に寄り 風の声立つ 用宗の磯

ここで歌っていたんだなぁ…と、
この御影石のプレートを、

ノルディックウォーク中、インターバル歩行の
目印にしています。

急ぎ足をここで止めて、
歌を暗証してから

( 覚えきれてないことを毎回、情けなく思う )、

その後、
ゆっくりダラダラ歩きにしています。


( 用宗海岸 )
東海道線の用宗駅は、駅から真っ直ぐに歩いて
数分で海に出るのですが、

与謝野晶子の短歌のタイトルの「大崩」、というのは、
こっち側の富士山方面ではなく、

写真とは反対側で、少し焼津寄りです。

私も静岡に居た18歳までは、
夏には家族で良く、大崩に行ったものです。
( 学童時は泳げなかったです。水泳は札幌のスイミングクラブで習得。)

当時、大崩も小浜海岸も良いビーチでした。
( 急に深くなるけれど )

大崩は、文字通り、崩落で
通行止めになってからは、

廃墟に関心ある方の、
探訪スポットにも、なっているようです。

歌碑に写り混んでる私の被り物は、
ファイターズのマスコット、

エゾリスの女の子、ポリーポラリスです。

北極星がいつもよりも美しく、強く光る夜に生まれ、
いつでも世界を照らすような光り輝く存在になりますように…

ポリー・ポラリスと名付けられた、エゾリスのタオルを被って、
サングラス、マスクで、ノルディックウォークしています。




レトロみかん水の空き瓶、エンボス文字



片手にすっぽり収まる小振りの細い空き瓶…



高さ 18、5cm



王冠の直径 2、5cm

赤いラベルを読んでみました。
容器保証金預証
静岡県清涼飲料工業協同組合
ヤマセ飲料




底の直径 4cm

底の側面に、島田ヤマセ飲料 のエンボス文字



胴に、ヤマセ のエンボス文字のあるレリーフは、
その後に、変形の楕円シールに、とって代わります。

60年以上前のビンです。
栓をしたまま…

いつ頃、みかん水は、蒸発して、
空き瓶となったのでしょう…。




プロフィール

Author:リラの坂道
FC2ブログへようこそ!

ショップHP
最新記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる