札幌の友人のカフェ Mercredi メルクルディ が、オープンします



静岡から、" おめでとう !" の乾杯です。

5月23日(水)から、週一で、札幌の友人 の I さんが 、
アトリエカフェをオープンします。

アトリエは磁器欧風絵付け、


( クリックすると拡大します )

カフェの名前は Mercredi ( メルクルディ )、
フランス語で水曜日です。

フランス語でもカタカナでも、発音しにくい…けど、

英語で水曜日のウェンズディも、同様です。

ウェンズさんとか言われたり、
ご近所のウェンディさんと郵便物の誤配があったり…、
エ と イ は小文字です…と伝えても…、
なかなか正確には伝わらなくて、ま、いいや…になっています。


~~~~~~~~☆~~~~~~~~~




グラスに入れたのは、ニッカのシードル。

写真上のグラスは、アビイロードを横断する4人、
その昔、リバプールで買ったグラス。



昨日のランチにピザを食べないで、新メニューを。

「新」に弱いわたし。
静岡市の「 びっくりドンキー」は、内装は北海道と同じ。

BGMは、お昼にいつ行っても、ビートルズです。

母90才に、「 ここ、いつもビートルズが、かかってるんだよ!」と
伝えたら、

「 …今、どうしてるのかねぇ?」との
リアクションにチョットびっくり!

4人の姿が目に浮かびました。

ジョン、ポール、ジョージ、そしてリンゴの順ではなく、

ジョン、
ジョージ、
リンゴ、それから ポールの順に…。

リヴァプールに行って良かったなぁ…と、
目を閉じ、
曲に乗せて、思い出のシーンに浸りました。

タクシーで一人でポールの育った家に行って、

ポールの小さめシングルベッドに、
「 横たわっていいですよ!」とポールそっくりの管理人さんに言われて、

じゃぁ…と、ごろーんと寝た事。
20年ぐらい前だけど、
今でも、そんな事って、アリかなぁ…?

…ロックミュージックって、だから素晴らしい。

………………*****………………



カフェ Mercredi メルクルディさん、札幌に行ったら寄りたいです♪

全開した薔薇、
花びら、雄しべ雌しべも、元気いっぱい!
スポンサーサイト

古い五徳の錆とピンクの野草



古い五徳と鉄瓶です。
錆色は、ほったらかしガーデンにマッチング。



白い花器は、お雛様の古い小道具です。ミルクガラス。



五徳の形が、花のひらひら感あって…、ポップですよ~!



ほんとは、こちらの雛道具の
ミニチュアガラス酒器をメインにしたい気持ちで、
縁側に出たのですけど。



このピンクの花、こちらでは良く見ます。
4枚の花びら、雄しべ雌しべが繊細です。

雄しべ雌しべのきれいな、

これは、ツユクサ…?
風にそよぎます。



白いツユクサは、この

苔むした歩道の先で見つけたのです。



梱包に時間をかけます


( 早朝アップ時の黄色い花の画像から、
青い矢車菊の画像に入れ替えました…)

ファイターズは連敗から脱出できたけれど、
今度は
WBA世界ミドル級王座決定戦
村田諒太ボクシングの判定負けに、
ジャッジへの疑問符でアタマがいっぱい…。
ずっと応援してきているので…、

( 日本経済新聞 2017、5、21山口大介記者署名記事)


…………………………………☆…………………………………

本題に入ります。

こわれものを、遠隔地に発送するときには、

品物自体を個々に緩衝材で包むだけにとどまらず、

箱の中で品物が、動かないように固定する
必要があります。

トラックが悪路で跳ねると、

箱の中の品物が踊るからです…。

例え、個々を慎重に包み、隙間を埋めたとしても…、

それだけでは万全とは決して言えません。

今回は、お人形を送るとき、

箱の下に穴を4ヶ所開けて、紐を通して、

人形の胴体の上で、×印になるように結んで、

お人形さんを固定しました。

また、アートフラワーのアレンジメントを送るときにも、

やはり箱の底に穴を開けて紐を通し、

花器を同様に紐で固定しました。

箱選びも大切です。

送るサイズにダンボール箱を作ることは、

まあ…目力も神経も使い、疲れるので、
なるべく様々なサイズのダンボール箱を、
ストックしておきます。


…………………………………………*……………………………………


私のアタマのなかには、整理整頓の引き出しがなく、

絶えずごっちゃに詰まっていて、

3食のご飯作り&買い物、網戸の張り替え、庭木の剪定、
老母の介護関連のあれこれ…、
よりも、

梱包発送に、いちばん力を尽くします。

無事に品物が先方に届いて、

気に入っていただけた上に、梱包も評価して
いただけたとき、
初めて一仕事終えたと、
ホットします。


………………☆…………………


ホットした矢先、
ミドル級ボクシングの村田諒太vsエンダムのあの判定、
村田の方が強烈に倒して、手数なんたってブロックしてたのに…、
あー、ジャッジに具合悪くなる…。


村田諒太さんは心理学や哲学、宗教学の読書家で、

ヴィクトール・フランクルの『夜と霧 』など、

私も共通の好きな本があることも知り、共感して、
ずっと応援しているのです。

気分を変えるため、今日もお出掛けします。


………………………………☆………………………………


( 元の記事と元の画像…クリックすると拡大します

丸子川に広がる黄色い花

階段の上の方に小さく黄色い花が見えたので、登って行ったら、

土手には、黄色い花がいっぱいで、
車を使わないで、歩いてきた事に得した気分になりました。)


…………………………………☆………………………………………


昨日のボクシングのカラーで、村田がブルーだったから、
冒頭の写真を、ブルーの花にしたかったの。

差し替える前の上3枚の黄色い花の画像は、
エンダムのカラーのグリーンを思い出すから
なんだかなぁ…という思いが有って…。)


23cm印判古伊万里皿のランチプレート



100年ぐらい前の銅版染付けのお皿を、

ワンプレートのランチに、
また使ってみました。

今日は筋トレ施設隣の、やはり海に面した
しらす会社・店のマルカイさんに行きました。

神経も何となく疲れて
おかず作りをパスしたいとき、

でも…明日から暑いようだし、
栄養価有ってヘルシーな
ご飯にしたいとき、とても助かります。

マグロの漬けを、作ってもらいました。

冷凍マグロ( 中とろ )の塊を出してきて、
小さく切り分けて浸けてくれるので、新鮮美味。

(月)(木)販売のサバ寿司、

昨日買って残りの、釜あげしらす、

蒸し鶏ムネと野菜サラダは、朝も食べたけど…。

マルカイさんで味見にと頂いた、梅ちりめん、

焼き海苔と、十六穀米ごはん、煎茶。

たくさんあって、
盛り付けも手抜きしたくて…
23cm古伊万里のお皿を出してきたのです。

ブルー&ホワイトは、和洋どちらの料理にも使えますね。

マルカイさんは(日)休み、
生しらすは波が高いと漁がありませんが、

このようなご飯なら、いつでもご馳走しますね~!

都道府県ランキングで、
マグロの消費量、支出金額ともに、

静岡県静岡市が、
ダントツで 1位、なんだそうです。

子供の頃から、食卓にしょっちゅうお刺身が乗ってたのは、
決してうちだけの食習慣じゃなく。

( 実はどこでも沢山売ってるし、どこで買っても美味しい )

スーパーには何々マグロ、の種類も多く、
それぞれの種類の、ピンキリ様々な価格の、

柵の数も、刺身盛り合わせの数も、切り落としの数も
おびただしく多く、
ずいぶん広く売場面積を占めている、と思います。

好みの種類のマグロの好みの部位を、
肉類のように、よりどりみどり選べるので、
きっと、買いやすいせいもある、と思います。



レストアされた初代クラウンを見ました。



静岡駅前の葵タワー1階に、可愛い車が展示されていて、

なんのプロジェクトかしら…と、
覗いてみたら、

見事にレストアされた、初代クラウン でした。

静岡トヨタ レストア 、静岡トヨタ70周年記念プロジェクトでした。

何年か前から、静岡県内を走破してるそうです。

パネルでは、

様々な試行錯誤の末、困難を乗り越えてレストアしていく過程が、
紹介されていました。











美術品ですね…!

しかも、動く、使える、楽しい。



小さなクリーム色の花が香ります…夏ミカンの花です。



プロフィール

Author:リラの坂道
FC2ブログへようこそ!

ショップHP
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる