FC2ブログ

ラム肉とニラでも良いのでしょうか

2019072214565812f.jpg



20190722153812d90.jpg



スーパーで、
人参、玉葱、そしてレタスの他に、

良さげなニュージーランド仔羊ラム肩
切り落とし250gを、特売品で買ったので、
(612→398-50=348円かなりお得)

往きに、農家の軒先無人販売で、
新鮮で美味しい3本100円キュウリ2袋を

買った時に見た、気になっていたニラの束が、
帰路にも有ったので、

お昼ご飯に、ラムとニラを食べました。


ラムもニラも、
めったに買わないのです。

それで、この組み合わせが、

イケるかNGか、わからないし、
ジンギスカン鍋無し、ホットプレート無し

なので、フライパンで調理したのですが、
春の若草をたっぷり食べた仔羊さんの

スプリング ラム、柔らかく美味しい。
ニラも変な臭いは無く、ツーンとした香り。



201907221513183d3.jpg


ラム肉に付いていた、「ソラチ」(北海道芦別市)
の「ラムのたれ」も、好みの味でした。


20190722151608a91.jpg


とにかく大束過ぎのニラ、
ニラは痛みやすいから、どうしよう?

一度にたくさん食べられないし?
ま、冷凍かな?と小分けしてジップロック。

20190722151838e5c.jpg


ラム、ニラ、たれで
もしも、お口の中が、くどくなったら、

と心配で、いつもの塩麹漬け作っておきました。
ニンジン、キュウリをジップロックに入れ、

オリーブオイル少量で揉んでから、
塩麹を少しいれて揉み、

冷蔵庫にストックしたのですが、
胃もたれもなく、

良いラムとたれ、でした。



20190722152653838.jpg


道で見た、ノイバラ(左)とヘクソカズラ(右)の
白い花。

帰って来てすぐに、どしゃ降りになり、

服が濡れるのを覚悟で外出してるとはいえ、
あー、良かったぁ、

防水クリーム塗ってるけど、
サンダルを濡らしたくないので。


スポンサーサイト

アンティーク麦わら帽子レディース

20190721081732e30.jpg


1930年代~1950年代位の、
レディースアンティークハットです。


20190721081845134.jpg


左側です。


20190721081935d7e.jpg


ブリムは、前頭部が、大きく広がり、
後頭部は狭まっています。



201907210821155f7.jpg



このように、斜めにして、
前下がりに、被ります。

クラウン(頭頂部)が、浅いので、
ちょこんと被る感じです。

麦わら帽子と書きましたが、
他の素材のようです。


実は、2012年7月6日のブログに
アンティーク帽子を掲載したとき、

リボンは傷んでなかったのですが、


先日、他の探し物で、
偶然、この帽子を奥から見つけ出したとき、

黒いリボンが傷んで半切れでした。
何等かの理由で、

麦わら帽子が、膨張したか?
絹のリボンが縮んだか?


そこで、
リボンを新たに購入する前に、

ふと思い付いて

20190721083216839.jpg


左の、黒いリボンが、もとのです。
色褪せ切れて。

上の、グリーンのリボンは丈夫で、幅も
ほぼちょうど良い、

スタバのプレゼント用の布製のバッグで、
(毎年、デザインが変わる)

バッグを巾着のように、外から縛る
グリーンの長いリボンを、

再利用させていただきました。

7、8年前なら、
このような中原淳一っぽい
帽子の被り方、

まさか、ねー?
と思ったことですが、

もう今なら、何でもアリだわ。

いつか、スタバにも被って行こう。



これからの盛夏を乗り切る

201907200650323b3.jpg


春に季節のお便り頂いた友だちに、
返信の暑中見舞いハガキを1通作り、

雨降りのなかをポストに投函。

梅雨は明けてなくて、
小雨、時々暴風雨、曇りの

蒸し暑い日続きだけれど、


明日は、用宗海水浴場の
海開き!


これから始まる長い盛夏、

まだこれからが、夏なんだよね。

どうしよう、という気持ちを抑えて、
なんとか乗り切るんだ!

なにか楽しい工夫をして。

得意なはずだよね、それ。

自分で自分を励ます。




美しい絹製、シルクのアンティーク傘

201907191412035b6.jpg


長くてほっそりしたラインの昔の傘です。


20190719141241db2.jpg


傘の骨は12本あり、
広げた時の姿が美しい大きな傘です。


20190719141434962.jpg


布はしなやかな絹、シルクの傘です。

ブラウン系濃淡の細い縞模様です。
遠目では無地に見えます。


20190719142049af0.jpg


木彫りのハンドル、ストラップ飾り。


201907191423080eb.jpg


木彫りのハンドルには、
縁起物の瓢箪のくりぬきが有ります。



201907191426205f7.jpg


夜叉の実(ヤシャブシ、花言葉は永遠)のような細工のストラップも、
絹糸を編んだものです。


ウェンズディに数あるアンティーク傘のうちで、
この傘だけが、パッと見、地味でしたので、

今まで掲載しなかったのだと、思います。



今日は気温はそれほど高くはないのですが、
玄関を出たとたん、ムッとする息苦しい湿気。

とても外出に耐えられそうもなく、
片付けをして、発見した傘でした。


アンティーク傘のハンドル、
シンプルじゃないので、

瓢箪のデザイン等、古くさいと敬遠した時期も
有ったけれど、

何でも画一化されて、
凝った物が入手しにくなくなった今日この頃、

日本の職人芸の確かさ、心意気、
それがフツーだった数十年前、

そうだったんだ、と
改めて感嘆しました。







バッグの替えショルダーストラップをウェストベルトに

20190716074003d7a.jpg


雨降り対策で、濡れた道路のハネで
スカートの裾汚れが目立たないように、

水洗いできるポリエステル柄物のレースを
よく着ます。

レッドの幅広ゴムベルトでウェストマーク
してたのですが、

気分を変えて、
グリーンの細いのにしてみました。

といっても、グリーンのベルトって、
意外と売ってないのでは?


201907160746531ac.jpg


そこで、替えショルダーストラップ、
2種のうち、

オールドグッチっぽい幅広は使うけど、

細くて長いのは、たぶん出番が無いから、
ベルトとして使おうと、思いつきました。

二重にして緩めにするには、少し長さが
短かったので、

フェイクパールのゴムブレスレットを
2つの吊り金具の間に足してみました。


2019071607525754c.jpg


フェイクパールのゴムは極細なので、
万が一切れたら、差し替えようと、
スペアのブレスレットを
バッグに入れました!

( 9時前に外出して14時に帰宅するまで切れなくて
ホッとしました。)


プロフィール

Author:リラの坂道
FC2ブログへようこそ!

ショップHP
最新記事
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる